White for Japan
Over 1000 of years
The Mino Washi meets with Art Jewelry

Japan’s tradition - a color of white
it is Mino Washi

The paper poises like silk garment or angel’s dance.
It is time and tide staying for no shadow.
White for gentle art, covered with time and space for us,
enveloped in what it is, made for reality.
Warmth of forest, wonderful of limpid stream made us putting all our love into making Mino.
The requirement for date back over 1000 of years for Mino’s Washi is for the sea and forests in japan, and exists in love for making.

Mino Washi is size of 33×45 centimeters, weigh of 0.3grams.

Traditional and vanished in Japan’s memories for Mino Washi,
We urge to give shape and memory of the original sense of beauty.
O-Jewel art jewelry has a bridge between the mind and the body.

O-Jewel

日本の白
1300 年以上たつ美濃和紙と
Art Jewelry の邂逅

日本の伝統の白。
美濃の和紙。

この紙は、まるでシルクように、天女の衣のように空を舞う。
それは、光のためにあるようだ。
柔らかな優しい白、それは空間や人を優しく覆い、露呈する何かを包みこみ、
柔らかなものに変えるためのものなのだ。
森のぬくもりに、清流の流れに人が愛情をこめて紙を漉く。 
1000 年以上も生き続けるのは森の命や人の愛情が
織り込まれているからに違いない。
1 枚、33cm x 45cm の美濃和紙。重さは0.3g。

もう一度忘れられているその素材の記憶を形にしたい。
心と身体を繋ぐArt jewelry にはそれができる。

O-Jewel

*
The oldest known Mino washi was made in 702 a.d. and is, used for manuscripts in a temple, still in good condition. Mino Washi is very delicate and transparent.
It has the ability to whiten, when being exposed to sunlight.
This Japanese paper is commonly used in Europe in the restoration of paintings.
Light, carried by air, it is a very thin and sensitive material, but at the same time strong and durable.
17 artists from around the globe made modern and international art jewelry,
using this light and sensitive material called "Washi".
The material, grown in the tradition of Japan is reshaped to being part of he worldwide contemporary art scene.

古くは702 年(大宝2 年)の正倉院文書に美濃の紙が記録されている。
この美濃和紙は薄く丈夫でクオリティの高さから海外の文化財補修のためにも使われる。
光をあびればあびるほど白くなり、光を美しく透すのに長けている。
軽く、空気にも浮かんでしまうこの儚ない素材は同時に、強靭な強さをも持っている。
世界の16 人のアーテイスト達がこの和紙を使い、アートジュエリーを創作しました。
日本の伝統に根ざした,しかし、世界のアートシーンに問うことのできる作品達です。

Mino Aug 1,2012 from augment5 Inc. on Vimeo.


Gentle White from Chitose Ohchi on Vimeo.


* * *



Iris Bodemer

Somebody asked Debussy how he wrote music.
He said: I take all tones there are, leave out the ones I don’t want
and use all the others.

from John Cage ‘Silence’

Iris Bodemer 2013

だれかがドビッシーにたずねた、”どうやって音楽をつくるのか?”
彼は言った、
”そこにある全ての音をすくいあげ、欲しくない音をとりのぞき
そして残ったものを全部使う”
ジョンケイジ ’サイレンス’より



no title,
silver, 6 kinds of Mino washi ( Yawaraka-kami, Usumino, Mino gami,Ganpi, Kasuiri, Harusame)



* * *

YU-Chun Chen

White for Japan

Mother Nature offers great material, water, and sunshine. The craftsmen of Mino take so much time,patience, and effort in transforming what nature gives into fantastic Mino Washi. Holding this preciousyet humble material in my hand, I was stunned for some time about how to respond to it.
I feel that Mino Washi is not less precious than gold. Using the ancient way of making gold chain [1], I start to cut and weave the paper into chain. It takes the craftsmen 10 days of work for making MinoWashi, therefore I decide to spend 10 days of work on making this chain. Each hour of work is markedwith a gold ring so to make the ‘TIME’ visible. Each section of chain could be varied from sizes andshapes depending on the mood and human hands.
I hope this chain will remind people of the generosity of the mother nature, the preciousness of craftsmanship, and the last but not least, the preciousness of the time.

YU-Chun Chen 2013

日本の白
母なる自然は素晴らしい素材、水や太陽をくれる。美濃和紙の職人さんはとても時間をかけて、辛抱強く、そして努力しながら自然が与えたものを素晴らしい美濃和紙に変化させた。特別な、だけれど謙虚なこの素材を私の手にもつと、この素材にどう答えてよいのかただただ呆然としてしまった。
私は美濃和紙はゴールドとひけをとらない素晴らしい素材だと感じる。ゴールドのチェーンを創る昔の方法を用いて、切って編み上げ始め、チェーンを創り始めた。美濃和紙は10日で職人さんが創り上げる、それゆえ、私もこのチェーンを創るのに10 日で仕上げることにした。1 時間ごとの仕事がゴールドのリングでマークされる、それは”時間”が目に見えてわかる。
チェーンのそれぞれのセクションはサイズやその時の気分や人間の手でつくる形から変化に富んだ形になる。
私はこのチェーンが人々に母なる自然の寛容さ、素晴らしいクラフトマンシップ、
そして時の貴重さを気づかせてくれたらと願う。


inspired by: early Minoan (Crete, Greece) gold jewellery/chain 2300b.c.


preciousness,Usumino-Mino washi,14k gold



* * *

Katharina Dettar

“Und Sommer war es und weiße Haut an den Birken, im Jasmin- und
Holundergestrüpp wuchs die grüne Wand aus undurchdringlichem
Laub.„

Herta Müller

Katharina Dettar 2013

夏でした。そして白樺の肌が白かった。
緑の壁のような葉っぱがびっしりなところに
ジャスミンとニワトコの薮もあった。
へルタ・ミューラー


As time goes by - winter
Kasuiri- Mino Washi, Dalmatian jaspis, silk thread and glue for wood.



* * *

Mari Ishikawa

EN

EN ist he japanese words for "relationship"
- man + man
- man + time
- time + place
I want to share quietly the ephemerality moment of the things
that affect me deep inside.

Mari Ishikawa 2013

EN

人と人とをつなぐもの。
うつろいゆく瞬間をつなぐもの。
間の空白はある瞬間に気を宿す。


EN Brooch
Silver 925 Acrylic acquer, Japanese lacquer(Urushi),Kozo-Mino Washi


EN RING
Silver 925


EN Neckpiece
Silver 925 Acrylic acquer, Japanese lacquer(Urushi),Kozo-Mino Washi



* * *

Jiro Kamata

SW Brooch
Sun and Water, schwarz und weiss

The shape of RAKUSUI paper is made by water.
It is the paper that holds the memory of time.
The camera lenses are the same. They capture memories through them.
Maybe it was inevitably to create a fusion between those two.
The light covers the jewelry gently and silently.

Jiro Kamata 2013

SW Brooch
Sun and Water, schwarz und weiss

水の力で形が作られる落水紙。それは時を記憶した紙である。
同じく時を記憶したカメラレンズ。
この二つの素材の融合は必然だったのかもしれない。
光はやさしく、そして静かにジュエリーを包み込む。


SW BroochCamera Lens, Mirror, silver,Rakusui -Mino Washi



* * *

Beate Klockman

red insect earrings

The material combination convinces me.
The paper softens the edged folded forms of the metal.
The paper makes the red color soft.
I like the coincidental overlapping form of the edges.
The result is some kind of an insect.
But red Insects don't exists.

Beate Klockman 2013

赤い虫のイヤリング

素材のコンビネーションは私を納得させる。
和紙は折り曲げたメタルのエッジを柔らかくする。
和紙は赤い色を柔らかくする。
エッジの偶然の重なりあいが好き。
結果、ある昆虫のようになる。
だけど赤い虫は存在しない。


Paper earrings,
Yawaraka gami-Mino washo with red printing ink and copper and gold



* * *

Jun Konishi

This brooch looks like a candy.
A thin layer of Mino washi is put on thezcolorful plastic.
As the result, a strange shape was born, neither paper, nor plastic.
I felt the potential of Mino washi as a material.
Wearing these brooches, you can feel the Mino washi more closely.

Jun Konishi 2013

キャンディーのようなこのブローチは、カラフルなプラスチックの塊に
美濃和紙を薄く貼付けたものです。
その結果、プラスチックでも紙でもない不思議なかたちが生まれ、
美濃和紙の素材としての可能性を十分に感じることができました。
あなたもこのブローチを身に着ければ、もっと身近に美濃和紙を楽しめると思います。


No title
plastic, Kasuiri- Mino Washi,HARUSAME-Mino Washi



* * *

Felix Lindner



* * *

Hiromi Ohara

Wearing the light

Like falling scales on the cutting board.
When I touched the paper, I felt the same sensation as when I touched
the scales of a fish for the first time.
They are very light and translucent pass on the light soft and gently.
If I wore this paper, I could be a mermaid or an angel...?!
This imagination makes my heart jump.

Hiromi Ohara 2013

光を纏う

まな板の上にパラパラと落ちた魚の鱗。
これを初めて見たときの感覚と改めて和紙を触った時の感覚が
とても似ていると感じた。
とても軽くて、光を柔らかく優しく透すもの。
それを身に纏えたら人間ではない何か・・
人魚?天女?になれてしまうかも・・・?
そんな風に心が踊った。


no title
Silk, Japanese painting, acrylic coating, Rakusui-Mino Washi


no title
Silk, Japanese painting, acrylic coating,Kozo- Mino Washi



* * *

PE/AH

MINO WASHI - Jewellery pieces dedicated to Japan.

As we got the proposal to create jewellery with Mino-washi paper, we accepted immediatly. More than a challenge, we felt honored to work with this fabulous Material. Mino-Washi Paper is unique and seems to us more versatile than any other paper.
We are, as europeans, conscious how important it is to keep traditions alive.
We understand Mino-washi as a part of Japan's cultural heritage, passed on from generation to generation over a thousand years. Mino-washi has a fine fibre texture that is regarded as beautiful and robust. From opaque to very transparent, looking fragile but beeing strong, sometimes discreet sometimes omnipresent, Mino washi has many faces.
Made to be worn, putting colours into daily life, playing with textures, PE/AH is turning Mino-washi paper into treasures, dedicated to Japan.

PE/AH 2013

美濃和紙 _日本に捧げるジュエリー
美濃和紙でジュエリーを創ってほしいと申し出があった。私達は直ぐに参加することを決めた。
単にチャレンジだけでなく、この素晴らしい素材と仕事する事に誇りを感じる。
美濃和紙はユニークで私達にはどの紙よりも多才に見える。
私達、西洋人としてこの伝統が生きていくことがどんなに重要か理解している。
美濃和紙は何千年もこえて受け継がれる日本文化の伝統のひとつとして理解している。
美濃和紙は細かい繊維でそれゆえ美しく丈夫である。不透明からとても透きとおるようにも、一見とても繊細でしかし、強い。
時々控えめで、時々主張する存在であり・・・美濃和紙は沢山の側面がある。
着けられる様に、日常に色をおくこと、テクスチャーと遊び、
PE/AH は美濃和紙を愛おしい大切なものに変える、そしてこのjewelry たちを
日本に捧ぐ。


au jour le jour Bracelet 2012

print on Minogami-Mino Washi, polyester


pompon Bracelet 2012
merino wool, Minogami-Mino washi, dyneema, Ag 925


Collier facettes 2012
merino wool, Minogami-Mino washi, dyneema, Ag 925, seashell


Collier frange 2012
print on Kasuiri-Mino Washi, polyester



* * *

Annelies Planteijdt

In the middle of the kozo wood
way of working

i wanted to show the natural material of the wood, the paper that was made from it and my way of
thinking using both wood and paper. Ihave put my dimensions in it. there is an inner coherence in the sizes, dimensions of the twigs and booklets and the square. they are linked together.
to make the booklets i have been using an old japanese way of binding.
the embroidery forms of a kind of arrows, that show a direction, they seem to turn around. the sizes of the pieces are also turning around in the same direction. to start with the longest wood until the smallest booklet.
this is part of a spiral, you can imagine that it goes down in smaller parts and up in bigger ones.
of course this is only imaginary. The embroidery shows a connection with both square and diagonals, so to say the inside and the outside of the piece.
The pages of the booklets are cut from the same size as the surface of the titanium square(18x18 cm). So the larger the pages the less and the smaller the pages the more there are.
This is done according the thickness of the paper: the largest book has the thickest paper.
so everything is linked together in some way.
by taking small steps and decisions i have been discovering this piece until i knew how it had to be and how its inner structure is formed.
I am aware of the paper being fragile when you will wear it. but that is part of the piece.
The paper is vulnerable and will wear in the end when wearing the piece, unless you don’t wear it ;)

Annelies Planteijdt 2013

私は木の自然な素材を見せたかった、和紙はこの木から出来ていて、木と紙を使う事が私の考えたことだった。
私の仕事の側面をこのジュエリーに入れた。
内側のサイズに一貫性がある、小枝のサイズ、ブクレット、四角いジュエリーの形。
全ては一緒にリンクしている。ブックレットを作る為に、私は昔の日本の装丁の仕方をとった。
矢印のような刺しゅうの形は、方向を示しておりそれらは回転するように見える。
ブックレットや枝のサイズも同じ方向に回転する。一番長い枝から始まり、小さなブックレットへ。
これはらせんの一部で、想像できるでしょう、小さいところに降りて行き大きいところへ上がって行く。もちろんこれを見て、想像の中でのこと。
本の刺ししゅうは、ネックレスの四角と枝の斜め具合とを示していて、いわば、内側のブッツクレット、外側の枝をもしめしている。
ブックレットの中の紙はチタンで出来たネックレスと同じサイズの紙(18x18cm) をカットしてある。
なので大きなページほど少ない紙で小さいページほど沢山の紙である。これは紙の厚さによる:一番大きな本は一番厚い紙だ。
全てが同じ方法で一緒にリンクしている。段階と決定を少しづつ積み上げ、それがどうなるべきか、中の構造、形がどうか解るまで、見いだしてきた。
紙は身につけると繊細ということに気づいた。だけどそれも紙の持つある側面だ。紙は傷つきやすく、着けていたら壊れるけれど、
着けなかったら壊れないね。;)


beautiful city-in the middle of the kozo wood, phase 1, titanium,stainless steel,kozo wood,Mino Washi ,hp thread
photography: jean beining


beautiful city-in the middle of the kozo wood, phase 2, titanium,stainless steel,kozo wood,Mino Washi ,hp thread
photography: jean beining



* * *

Ulrich Reithofer


Janken Pon-1's a winne
Mino Washi copper (gu), Haemathite(chokki),silver(pa),gold



* * *

Nina Sajet

Pearls of paper

All the paper from Japan in one necklace.
Deconstructing and reconstructing the paper as if the paper was
always meant to be a necklace.
The more paper from Japan I would have had,
the longer the necklace would have been...
This is what I got, this is what it is.

Nina Sajet 2013

紙のパールたち
日本から来た和紙全部がネックレスになる。
分解すること、また再現すること。
まるで和紙はいつもネックレスであるかのように。 
もっとたくさんの和紙をもっていたならば、
もっと長いネックレスになっただろう・・・
これが私のもらったもので、これはそのものだ。   


Paper pearls
5 kinds of Mino Washi ( Yawaraka-kami, Usumino, Mino gami, Kasuiri, Harusame)



* * *

Philip Sajet

crumbled beautiful paper necklace

It definitely is the best and most beautiful paper I ever saw.
It's also the strongest paper, it can not be torn !
What can one do with that?
Anything constructive is less than the paper itself.
So in a way I destroyed the paper,
I cut it in pieces which I than crumbled.
Than connected those pieces with gold wire and loop rings.
Everything is soldered, without burning the paper.

Philip Sajet 2013

崩れた美しい紙のネックレス

私がこれまで見た中でもっとも本当に美しい紙だ。
そしてとても強くて、ちぎることができない!
これをつかってなにができる?
どんなもの創ってもこの紙そのものの美しさに満たない。
ある意味で和紙を壊した、カットしてくしゃくしゃにした。。
ゴールドの輪とワイヤーにこれらを着けた。
紙が燃えることなしに全て固定させた。


A crumbled beautiful paper necklace
Gold / Kasuiri-Mino washi



* * *

Karin Seufert

White paper is open and untouched.
It invites you to put your thoughts and sketches on,
your dreams and ideas or to fix a moment,
an image, fantasy, secrets, hopes or wishes.
The paper allows you to keep all these, hidden or public and
to carry it with you.

Like a book with many pages, this necklace carries a never told story.
Thoughts, never written down,
dreams only existing in your mind and images only seen by your eyes.

Karin Seufert 2013

白い紙は開いていてそして触れられていない。
その白い紙はあなたの考えやスケッチを誘う。
夢、考え、もしくはその瞬間、イメージや空想、ヒミツや願い、
そして祈りを捉えておく為に。
紙は隠されていることや公的なこと、あなたを全て受け入れてあなたと一緒に
それを運ぶ。

沢山のページの本の様なこのネックレスは決して語られない物語を運ぶ・・・
決して書かれない想い、あなたの心の中で存在している夢、
あなただけが見るイメージ。


no title
Kasuiri -Mino washi, oxidized silver, thread



* * *

3 Kasuiri Box-Pendants

Sometimes I make my own boxes for my jewellery.
With a Kozo-paper like Kasuiri you don´t have to put a jewellery inside,
the box itself is the jewellery.

Tore Sevensson 2013

粕入り紙ボックスペンダント
私はときどきジュエリーの為にボックスを創る。粕入の和紙を使ったボッ
クスにジュエリーを入れる必要はない。その箱こそがジュエリーだ。


3 Kasuiri Box
Kasuiri-Mino Washi, elastic-thread and silver


Usumino Necklace
Usumino-Mino washi, textile-thread



* * *




Mino Washi: Corsoyard_ Kenji Sawaki, Makoto Kurata

Produced by: O-Jewel Chitose Ohchi/ Shigeki Hasegawa
Edit/ Translation: Kushiji Yoshida
In Cooporation with Brightone

美濃和紙=コルソヤード_ 澤木 健司 ・倉田 真
プロデュース=オージュエル_ 大地 千登勢/長谷川 滋之
編集・翻訳=吉田 櫛二
協力=ブライトーン